高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

施工例・実績


福島県いわき市川前町

使用現場 現場状況 切り土・盛り土 緑化
災害復旧 曲線 切り土・盛り土 無し

お客さまからの現場評価とご意見

施工性 良い お客さまのご意見
経済性 良い 施工において短粒度砕石を基礎部、中詰、裏込と使用した工法である為、施工中は入念に締固めを行ったが、検査を受ける時点で圧密沈下の影響が表れた事が少々残念だった。
選択理由 工法比較の結果
耐震性
可撓性(曲線対応)
景観性
コンクリートを使用しない

 

現場担当営業からの意見と感想

箱型擁壁提案理由 耐震性・可撓性(曲線対応)・コンクリートを使用しない・景観性・経済性・工法比較の結果
箱型擁壁の良い点 仕上りが綺麗にできて良かった。
現場で苦労した事 基礎部が段差施工になっていた事が思った以上の手間と時間を要してしまった。
現場ワンポイント 床堀や基礎部の施工については多少の時間が掛かる様だが、箱型擁壁の施工になると施工性は非常によくスムーズな印象を感じた。