高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

施工例・実績


栃木県大田原市


使用現場 現場状況 切り土・盛り土 緑化
水中(湖沼) 曲線 切り土 無し

お客さまからの現場評価とご意見

施工性 大変良い お客さまのご意見
経済性 よい 白鳥が飛来する沼にて7月〜8月限定施工の条件の中で、工期内に工事が終わったこと、白鳥が工事後も無事飛来したので目的が達成できた。
選択理由 景観性
施工が早い

 

現場担当営業からの意見と感想

箱型擁壁提案理由 施工が早い・景観性
箱型擁壁の良い点 今回沼を掘って湿地帯上という地耐力の弱い場所での施工でしたが、経時沈下対策の基礎工が、思った以上に安定感が有り安心して施工が出来ました。
現場で苦労した事 中込、裏米砕石の受け取り時、仮置き時の品質管理に非常に気を使いました。
現場ワンポイント この工法は単粒度砕石上に製品を直接据付けるという施工方法の為、通りを合わせるのに時間がかかるイメージでしたが、慣れてくれば非常に早く施工できる事を実感しました。