高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

施工例・実績


宮崎県飯盛永田線 便利になった道路

現場状況について

使用現場 現場状況 切り土・盛り土 緑化
道路改良 混在 切り土 無し

現場担当からの意見

箱型擁壁採用ポイント 耐震性・施工が早い・排水性能・経済性・曲線施工
施工ポイント 既設擁壁が水平積みに対して、箱型擁壁は10%の勾配で施工を行った為、擦り付け部に隙間が生じたのですが、発注者様、施工業者様、コンサル様と協議を行い、植生土嚢を設置する事で無事終了しました。
設計ポイント 4分勾配で大型ブロックより経済性に優れていることから採用になりました。また、縦断勾配がおよそ10%、Rが70m程度あり図面作成に苦労しました。