高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

施工例・実績


静岡県三島市 縦断勾配がきつい曲線道路の法面に採用いただきました

現場状況について

使用現場 現場状況 切り土・盛り土 緑化
法面工事 曲線 切り土+盛り土 無し

現場担当からの意見

箱型擁壁採用ポイント 耐震性・可撓性・排水性能・安全性・曲線施工・緑化・施工が早い・コンクリート不使用・技術審査証明
施工ポイント 裏込材(単粒砕石)をしっかりと転圧して、各段ごとに箱型擁壁の天端高を確認し施工する。
設計ポイント 高低差が地上高で2〜15mある傾斜地での資材置き場建設にあたり、敷地の有効利用、工事費及び工事中の安全性、完成後の景観等を各種擁壁について検討した結果、箱型擁壁工法が最適と判断した。