高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

施工例・実績


熊本市西区春日
施工直後の写真「2011年6月」

被災後の写真「2016年4月」
  天端コン及び側溝に破損が見られる。一部箱体に若干の変位は見られる。擁壁の機能は維持している。
  側溝のグレーチングが地震の衝撃により外れるが壁体にズレは無い。

現場状況について

使用現場 現場状況 切り土・盛り土 緑化
道路改良 曲線混在 切り土・盛り土 有り

現場担当からの意見

箱型擁壁採用ポイント 耐震性・曲線施工・緑化・経済性
施工ポイント 初めてのグリーンパイプ使用で、客土の調整・パイプの設置位置等に注意しスムーズに施工が行えた。
設計ポイント 緑化が前提であった為、箱型と緑化ブロックの2工法に絞られた。ボーリング調査の結果地盤のN値が5以下と軟弱で、-15m程度までその層が続いている状態でした。基礎部分の改良を含め、箱型が経済的に有利とのことで採用された。