高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

施工例・実績


緊急地方道(街路)道路改良工事 糸魚川市上刈地内

市街地の景観にマッチした箱型擁壁  壁高3.5m*延長93.5m
現場は糸魚川市の旧JR北陸本線跨線橋付近で、国道148号線に県道中央大通り線を接続させる所に使用されました。
現場付近は工事後の開発で宅地となっており、壁面の陰影模様が市街地にマッチした景観となりました。
施工にあたっては、元請けさんよりコンクリートを使用しないので、施工が早く予定通りに施工できたとの評価を頂きました。

現場状況について

使用現場 現場状況 切り土・盛り土 緑化
道路改良 直線 切り土 無し

現場担当からの意見

箱型擁壁採用ポイント 排水性能
現場付近は宅地になるので、景観性が評価されました。
施工ポイント コンクリートを使用しない為、天候に左右されず施工がスムースに行われました。