高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

施工例・実績


川口市特別養護老人ホームさくらの里新築工事

グリーンカップ採用案件された緑化擁壁   壁高11m*延長70m
現場となる川口市については、埼玉県東南部に位置され、荒川を隔てて東京都に接している都市であり、県内でも有数の人口密度の高い地域となります。
今回案件の選定条件としては、第一に耐震性を重視されたとのお話でしたが、老人ホーム敷地内の擁壁であり、入居者となる方々に施主様がご配慮をされたこと、上記のように人目に付きやすい土地柄といったことを思い見ると、緑化が可能となるグリーンカップをご採用いただいた経緯は想像するに難くありません。また、今回擁壁については、北側に設置されているため、光の当たり具合の按配が良く、それに加え緑化されたことにより、景観性は更に向上され、周辺の環境に、また、自然景観とも調和されたものになっております。
植栽された草木は、施主様が定期的に管理されているお蔭により、5年以上の月日が流れた今もなお、活き活きとした姿を見せてくれております。

現場状況について

使用現場 現場状況 切り土・盛り土 緑化
急傾斜地 曲線形状 切土 有り

現場担当からの意見

箱型擁壁採用ポイント 耐震性・安全性・曲線施工・緑化
施工ポイント 耐震性能にて高評価をいただき、ご採用いただきました。