高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

環境部会の研究活動の紹介

サーモグラフィ

コンクリートのもたれ式擁壁は道路や宅地の斜面を補強したり、河川の護岸とし広く活用されています。しかし、近年は単に擁壁としての機能性のみではなく、安全性・経済性・施工性・景観性更には環境性と言ったさまざまな条件を兼ね備えた擁壁が求められてきています。
箱型擁壁協会では、こうした近代の擁壁工法としてあらゆる条件の要望にお応え出来るように全国会員社で専門部会を設置し、日々研究や研修会等を実施しながら、しっかりした根拠を持った提案活動を行っています。
今回は、各専門部会の中から緑化に関する研究を行っている環境部会の研究内容を紹介します。
現在、環境部会では箱型擁壁の小段に緑化を施すことによる環境的な効果を検証する研究を行っています。その中から、3項目の研究内容をご紹介致します。
まず最初に、緑化による地球温暖化の抑制効果の研究です。
コンクリート擁壁は、一般的に日中の太陽熱を蓄積し、その輻射熱により周辺の気温の上昇を助長していると考えらます。特に、夏場のコンクリート表面の温度は高い時には70℃〜80℃に達すると言われています。また、一旦蓄積された太陽熱は夜もその熱を発散し、都市部ではいわゆる熱帯夜の原因のひとつにもあげられています。こうした、コンクリート擁壁が太陽熱を吸収する状態を回避する方法として、コンクリートの表面を緑化で覆ってしまう方法、つまり擁壁緑化(壁面緑化)が考えられます。環境部会では、これまでに箱型擁壁の壁面を覆うための植物としてどのような種類が適するかの研究しお客様に提案して来ましたが、今回その中でつる系の植物(ヘデラ)で壁面を覆った場合の緑化表面の温度と通常のコンクリート壁面の温度差がどの程度になるのかをサーモグラフィで確認してみました。その結果が、下記の写真です。

コンクリートと緑化の表面温度比較

現場名 : 福岡市早良区 早良高校
撮影日 : 平成24年8月3日


測定日 2012/08/03 イメージモード Σ8
測定時間 13:00:27 外部レンズ 標準
カメラ型式 TH9100 放射率 0.10
レンジ 2(0.0℃〜500.0℃) 環境温度 33.4℃

 

現場名   : 福島県いわき市杉平地区 国道399号線
撮影年月 : 平成24年8月27日


測定日 2012/08/27 イメージモード Σ8
測定時間 13:00:30 外部レンズ 標準
カメラ型式 TH9100 放射率 1.00
レンジ 1(-20.0℃〜100.0℃) 環境温度 32.7℃