高い耐震性能・排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。急速施工が容易で災害復旧にも最適です。

プレゼンテーション




  

  

  

最近のプレゼンテーション活動

北信越支部では箱型擁壁工法の実力を大勢の皆様に紹介させて頂くため、箱型擁壁のプレゼンテーションを実施いたしました。昨年発生した東日本大震災で被災した箱型擁壁の報告を含め、箱型擁壁工法の仕組みをDVDやパソコン資料を使いながらご説明致しました。6会場で実施し、合計64名の方に聴講して頂きました。不慣れなプレゼンにもかかわらず、最後まで熱心にご静聴いただき御礼申し上げます。これからもご希望が有れば何処でも開催させて頂きますのでご連絡をお待ちしております。


2012年 箱型擁壁協会北信越支部 プレゼンテーション実施状況

実施日 曜日 時間 場所 参加人数 備考
11月21日 PM 1:00 富山県砺波土木センター 様 20人 箱型擁壁協会参加者も含む
40分
11月26日 AM 11:00 石川県県央土木総合事務所 様 15人 箱型擁壁協会参加者も含む
1時間
11月27日 PM 1:30 石川県奥能登土木総合事務所 様 9人 箱型擁壁協会参加者も含む
1時間
11月27日 PM 3:30 石川県中能登土木総合事務所 様 15人 箱型擁壁協会参加者も含む
1時間
11月28日 PM 2:30 富山県富山土木センター 様 17人 箱型擁壁協会参加者も含む
30分
11月30日 PM 1:30 ネクスコ東日本新潟支店 様 14人 箱型擁壁協会参加者も含む
50分

タイムスケジュール

順番 内容 予定時間
1 プレゼン開始の挨拶 5分
2 箱型擁壁工法DVD 上映 10分
3 箱型擁壁工法の解説と東日本大震災の事例報告 20分
4 質疑応答 20分
5 プレゼン終了の挨拶 5分
合計 60分